2005年02月19日

ローエングリンを討て!

DESTINY PHASE-18

マハムール基地司令官のラドル隊長は、死亡フラグでしょうか。
なんかそんなキャラっぽい気がします…。

さて。

戦闘シーン満載且つリアルな処刑シーンまで通しで描写の今話。
どのように考えても電波の匂いがプンプンです。

決して悪い意味での、ではありませんが…。

実際の戦争がこうなのだし、これからも変わることはないだろうとの思いからなのでしょうが、現実として私たちが“スルーしたい”行為へあえて視線を置くその意図は評価できるのではないか、と。


だから、どうにかしなければならない。


この作品の作り手が背負った課題はことのほか重いのではないか、と。


今後、何らかの“解”を導き出さずにこの長いストーリーを〆る事は、ほぼ不可能になったのではないかな、と。そう、感じてしまいました。あくまでも私個人としての、ですが…。

そして、そんな“無理”に近い命題を、本気で背負おうとしているのでしょうか?

いまのところ、まだ量りかねます…。

また、それを主人公たるシンに負わせるのにはちょっと酷な感がします。
キャラ的に…。

そして同じくアスランにも…。

次話の展開は、何か予想よりダイナミックな気がしてきましたが、場合によってはこれまで囁かれていた“地雷”を踏んでしまう予感もしたりします。←自分が…。

------------------------------------------------
実は、いまアルコールが入っていてクリアに思考できません。
なんだか抽象的でごめんなさい。
また、明日観直してから、もう一度UPしてみます…。
おやみなさい。
------------------------------------------------
2005.2.20 追記+誤字修正

えー、昨日はてきとーに酔っ払ってまして、支離滅裂とまではいかないまでも意味不明な箇所がありお恥ずかしい限りです。

あまりへたくそな推敲をしていると、文章をUPする際時間切れでブッとんでしまうので適当に切り上げさせて頂いたためお見苦しい点がなおありますがお許し下さい。

で、前話を昨日見直しつつPHASE-18を引き続き放送で見て感じたのですが、この2話間の時間的な経過、相当な日数を経ているのではないかな、と。

まずミネルバが滞空航行可能になっている点。

“いつの間に…”

宇宙艦として設計されていたミネルバに滞空機能(レセップス級以上の能力)が付加されているので、相当日数の改装を要したのではないかと想像します。

元来から付加が可能な想定での就役であれば深く突っ込む理由は無いのですが、オーブ離脱以降、一貫して水上を滞空することなくマハムールに到着しているので、おそらくカーペンタリアにおいて何かしたことにして、マハムール到着後、突貫作業的改装を施したのではないかなと、勝手な妄想…。

それと、EDITEDで説明のあった勢力圏図から想像するに、ZAFTは局地的ながらもユーラシア西部に相当の地歩を固めつつある模様であること。

これらから、おそらく数日から数週間程度の時間的経過があるはずです。

なのに、その間で、シンはアスランと全くその距離を縮めることが出来ていない。

もう、これは重篤です。

ブリーフィングでの様子でも(足組んでふんぞり返っている姿とか)ガルナハン解放後のアスランに対する眼差しの向け方でも、映し出されている様子を見る限りシンって子は…

駄目じゃん…。

デュ議長に説教してもらいたくなってしまうような気分です。

ある意味で悲劇の主人公への伏線なのか?と、ちょっと妄想…。


あと、ミス・コニールは今後絡んでくるんでしょうかねぇ。
どっかの国のお姫様だったりしたら非常に笑えるのですけれど…。
あり得なくないのがコワイ…。

ま、また来週に期待しましょう。
posted by moon1307 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(7) | DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

第18話「ローエングリンを討て!」
Excerpt: ガルナハンへと続くルートを開くため、ミネルバはラドル隊のレセップスとともに要衝の渓谷へと向かう。渓谷はごく細い通り道であり、そこを見上げる高台に設置された地球連合の陽電子砲ローエングリンの射程圏である..
Weblog: 機動戦士銃自由種運命
Tracked: 2005-02-21 08:07

新 ガンダムSEED DESTINYを語る(2月19日1号)
Excerpt: 18話感想他 1.インパルス 有効な使用がされてました。演出がよいと思いました。 2.ゲルズゲー 動きは蟹です。連合のモビルアーマーも新しい時代に入りコンセプトも変わったようです。リフレ..
Weblog: 新ちぇりーぶろぐ
Tracked: 2005-02-21 14:15

ガンダム種運命 第18話
Excerpt: 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-18 ローエングリンを討て!』 よっしゃああぁぁぁ!!! 今晩は焼肉じゃああああああ!!! ホットプレートの上で「牛の死んだやつ」..
Weblog: 12番目の思想文
Tracked: 2005-02-21 22:18

PHASE-18 ローエングリンを討て!
Excerpt: 後ろで大声で喋る家人に邪魔されつつ見た「ローエングリンを討て!」 眼下に広がる地球連合軍の基地を見ながらリモコンのスイッチを押すレジスタンスの少女登場。そのまま乱暴に車を発進させてデカイもの..
Weblog: 人間になる準備をしよう
Tracked: 2005-02-22 20:21

デス種 PHASE-18 「ローエングリンを討て!」
Excerpt: ザムザサー博士の野望は潰えてなかった。 「今回のザムザサーは一味違うぞぉぉ・・・この起伏の激しい山地の要塞攻略戦を考慮して燃費の良いスパイダーレッグ(正式名称)による移動を実現!今日も元気に跳ね..
Weblog: 虚辛会日報
Tracked: 2005-02-24 02:52

PHASE-18 ローエングリンを討て!
Excerpt: 最近、感想書くのが遅れるな〜〜〜。 先週を振り返る。シャワーシーンありっと。thanks。 今日は、ローエングリンを討て!とのこと。 いまいち態度のデカイ”シン” 人の話は、静かに聞いてくださ..
Weblog: ガンダム タウン〜GUNDAMグ
Tracked: 2005-02-25 15:50

ザク
Excerpt: SEED DESTINYではいろんなザクが出てきますね! ガナーザクウォーリア(アスラン)、ザクウォーリア(ルナマリア) ブレイズザクファントム(レイ)、スラッシュザクファントム(イザーク..
Weblog: 公式-新感覚ブログ!!
Tracked: 2005-02-25 20:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。