2005年04月30日

残る命 散る命

DESTINY PHASE-28

無差別非人道極悪超最低テロリズム集団搭乗艦アークエンジェル、戦闘区域へ乱入!!


……などとは全然思いませんが、ガソリンと水の如く全く交わることの無い、果て無き争いの道を辿ることとなってしまったキラとアスランの戦いに、深い悲しみと前作において得た感慨を思い出しそして捨てざるを得ない懐かしい想いを抱くに至った28話。

砂漠の虎が暗示し、オーブの獅子がその混沌とした姿を明確にした“認め合わない以上滅びるまで戦い続ける世界になるのか”との問いは、その解を求めて歩み続ける者達に対して非情なまでに耐え難い苦難の道のりと謂れ無きレッテルを押しつけようとします。即ち、

『テロリスト共! とっとと消え失せろ!!』と。

でも、作品上与えられてしまった位置です。仕方ないのかもしれません。

しかし、このまま“観る”側の人々も個々の思いはそれぞれでしょうが、それが現実の社会や生活で“認め合わない者は滅びるまで排除する”ような想念に至るようならないことを願って止まない日々です。


さて。

トダカ一佐戦死。

あっけなっかたけど、“逝っちゃった赤目”が今後どう想念するのかしないのか、期待はしないほーが良さそう。つーか、バーサーカーでしょぅアレ……。

醜すぎる。


ユウナ(悪)。特に感想はありません。


キラ、そしてカガリ…

辱められても耐えてくれ! この屈辱の先に光は見える!!


追記:2005.05.05

ひまだったから、フレッツで観直してみた。
聞き取りにくかった台詞とかキラがアスランにアジっていた内容を吟味してみようと努力したんですけど、やっぱりよく分かりません……。

言語明瞭意味不明ってヤツでしょーか。ま、いーけど。

あと、やっぱり理解できんのがタケミカズチの特攻ですな。ロアノーク大佐ら地球軍将校が轟沈艦に敬礼しているあたり、アホのユウナはともかくもトダカ一佐らオーブ派遣艦隊の武官に対しては、一定の評価ないし同情の念があったものと想像できるんじゃないすかね。ここいらあたりがフラガ復活のフラグなのかも←シャレじゃないです念のため。

あと、やっぱりいただけないのが最後のカットですよ、最後の……。あのカットが無かったらそれなりに感情移入できたのになー、と。

ま、ひとそれぞれですから思いは十色。ただわたし的にはいらんコトすんじゃねーとの、やりきれない怒りを密かに感じたひとりです。

さて、なんか“アイキャッチ”が変わるとか変わらんとかのネタが漂流しているよーですが、変えるにしてもどー変えるのかでびみょーに各セクトごとの見解にバラつきがあるのが可笑しくもあり微笑ましくもあり。

どーでもいーよーな気がするんですけど、それってそんなにシナリオに影響するの?

激しく疑問なんだけど。


あと、フレッツ限定なんですが、

「機動戦士ガンダムSEED+機動戦士ガンダムSEED DESTINY 公式デジタルガイドブックVOL.1」(仮)

なるものが公開予定とのコトだそーです。フレッツじゃない方は関係ないところが味噌のような企画だと思うんですけど、そこいらへんが種クォリティ。サンライズには申し訳ないけど可能な限りココでもその内容について吟味してみよーかと思っとります。たぶんツッコミどころ満載で、結局内容は無いに等しいシロモノと思われるところが涙をさそいそーですけど……。
posted by moon1307 at 21:39| Comment(1) | TrackBack(11) | DESTINY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アークエンジェルの表現
>無差別非人道極悪超最低テロリズム集団搭乗艦
更に「不沈艦」もついたりして、と思いました。
でも、とてもうまい表現ですね。
私も見習わねば。Orz
Posted by アスラン・ズラ at 2005年05月01日 09:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Phase-28 残る命 散る命
Excerpt: 今日もサプライズはありませんでした。 全て想定内でした。 まぁあのまま、アスラン死亡や連合軍側が回収ならばビックリします。 俺的には、カガリが流れ弾に当たって死亡を期待していたのですが...orz ..
Weblog: Plus-tic.com
Tracked: 2005-04-30 22:03

第28話「残る命散る命」
Excerpt: オーブ軍と地球連合に待ち伏せされたミネルバは、地形を生かした挟撃の前に苦戦する。頼みのインパルス・セイバーはカオス・アビスとの戦闘中であり、艦を守ることができない。 そんな中、アスランはやはり迷っ..
Weblog: 機動戦士銃自由種運命
Tracked: 2005-04-30 23:36

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第28話
Excerpt: 第28話「残る命散る命」ミネルバに群がるオーブ軍。次々に落とされるオーブのMS。しかし、ミネルバも徐々に追い込まれて行く。インパルス vs アビス。シンは、敵のパイロットがステラの仲間だと感じつつも、..
Weblog: salty blog
Tracked: 2005-05-01 00:01

「残る命 散る命」 ガンダムSEED DESTINY 28話
Excerpt: 今話を見ての一言感想を、書く前に言っておきます。 シンファンの方、お許しください。 では、一言感想 「バーサーカーシンよ! てめえもトダカのトコロへ逝けーーーーーー!」 1回目見ただけの完璧、単純..
Weblog: ガンダムSEEDディスティニー〜初代を語る
Tracked: 2005-05-01 01:19

デス種 PHASE-28 「残る命 散る命」
Excerpt: 「アウル!」 水柱の上がる戦場を、ネオは呆然と見つめていた。
Weblog: 虚辛会日報
Tracked: 2005-05-01 03:57

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-28 「残る命 散る命」
Excerpt: TBさせていただきます。 今日のガンダムSEED DESTINYの感想をば。
Weblog: MIND ESCAPE
Tracked: 2005-05-01 10:17

SEED DESTINY 28話
Excerpt: 最近、気になっていた恋の行方がたった一言で終わってしまってたり、今日の話のタイトルで誰が散るのかを予想している全国のS−Dファンの皆様早速感想に入ります。
Weblog: CODY スピリッツ!
Tracked: 2005-05-01 10:25

BLOG: PHASE-28 残る命散る命
Excerpt: クレタを起点に追い込まれるミネルバ。 キラ、ハイネの言葉を思い出し、「戦う」ということに未だ迷うアスラン。 戦闘の度に多くの兵士が死に、今も再びミネルバの新しい仲間達に死の足音が近づいてい..
Weblog: SEED STYLE
Tracked: 2005-05-01 19:56

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-28 『残る命散る命』
Excerpt: 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-28 『残る命散る命』 アークエンジェルの介入も虚しくオーブ軍はザフト軍の運用艦ミネルバと交戦。そして、多くの命がクレタの海へ散って行..
Weblog: 萌え市場
Tracked: 2005-05-02 13:16

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-28 『残る命散る命』
Excerpt: 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-28 『残る命散る命』 アークエンジェルの介入も虚しくオーブ軍はザフト軍の運用艦ミネルバと交戦。そして、多くの命がクレタの海へ散って行..
Weblog: 萌え市場
Tracked: 2005-05-02 13:18

ガンダムSEED DESTINY、第二十八話を観た
Excerpt: 久方ぶりに当日録画チェックできた『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE28。 『総員合戦用意』という、とんでもないオーブ軍の戦闘アナウンスと共に先週のダイジェスト。
Weblog: 少佐の2902熱光学迷彩・電脳アジト(後期生産型)
Tracked: 2005-05-02 14:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。